子どもの治療について(小児歯科・マタニティ歯科)

  • 小児歯科
  • マタニティ歯科

乳歯のむし歯を防ぐ~小児歯科~

子どもの歯は大人と比べて組織が弱く、むし歯になりやすいものです。そんなむし歯に対して「乳歯はいずれ生えかわるから」といって治療を怠ると、その後に及ぼす影響が大きいということをご存知ですか?

乳歯の下には永久歯が育っています。この時期にむし歯になってしまうと、永久歯がうまく育たなかったり、正しい位置に生えてこなかったりもします。また乳歯と永久歯が混在して生えている時期には、同時に生えている永久歯までむし歯になってしまうリスクも高まるのです。

むし歯があってよく噛めないことがあると、子どもの顎の発達にも影響します。その結果、永久歯が一列に生えそろうスペースが十分に確保できず、歯並びが悪くなることにもなります。また、痛くない側でだけ噛むと、身体や顔の骨格のゆがみが出てくる恐れもあるのです。乳歯のむし歯だからといって軽く考えず、ぜひ小児歯科をご利用ください。

お子さんの歯の健康は普段の習慣から

だらだら食べは禁物

だらだら食べは禁物

お口の中に食べ物がある時間が長いと、むし歯菌の繁殖につながります。だらだらと頻繁に食べ物を口にするのはよくありません。毎日の食事やおやつの時間を決め、だらだら食べにならないように気をつけましょう。

甘いものに気をつけて

甘いものに気をつけて

糖分を多く含むおやつは、むし歯のリスクを高めます。キャンディーなどは、長時間お口の中にあるので、むし歯菌の繁殖にもつながりやすい食べ物です。絶対にダメということはありませんが、たまには、野菜や穀類などをつかったおやつにしてみたり、同じ甘いものでも砂糖を含まない「キシリトール」入りのものにしてみたりといった工夫をしましょう。

歯みがきを習慣づける

歯みがきを習慣づける

食後の歯みがきは、むし歯予防にとって大変重要なことです。食べた後に口の中をさっぱりさせることが習慣になるよう、毎食後、歯を磨みがくようにしましょう。歯みがきがどうしても難しいときには、口をゆすぐだけでもあきらめずにしてみてください。

積極的に歯医者を利用しましょう

積極的に歯医者を利用しましょう

子どもが歯医者嫌いになると、どうしても治療から足が遠のいてしまいます。お子さんのむし歯予防のため、また、歯医者の雰囲気に慣れるためにも、治療が必要になる前に、早くから歯医者に通うことをおすすめします。

小児歯科診療内容ご紹介

守谷市の歯医者「守谷ふれあい歯科」では、キッズスペースを確保したり、ご褒美にガチャガチャ(中におもちゃなどの景品が入ったカプセル)をプレゼントしたりなど、お子さんが楽しみながら診療に臨めるような雰囲気作りも工夫しています。また、お子さんのむし歯予防にも力を入れていますので、むし歯治療だけでなく、どうぞお気軽にご活用ください。
» 乳歯の予防ポイント

歯みがき指導
歯みがき指導 歯ブラシの選び方から歯みがきの仕方、親御さんの仕上げみがきなど、お子さんのお口の状態をみながらアドバイスいたします。
シーラント
シーラント 奥歯にある深い溝は食べカスが入りやすくむし歯のリスクが高い箇所です。シーラントは、その部分を歯科用のプラスチックでふさぐ処置です。乳歯にも生えたての永久歯にも有効です。
フッ素塗布
フッ素塗布 フッ素は、歯の再石灰化を促し、むし歯のリスクを低めます。特に抵抗力が弱い乳歯や生えはじめの永久歯に塗布することで効果が得られます。定期的な塗布をすることで継続的に歯を守ります。
過剰歯の抜歯

「過剰歯」とは、本来の歯の本数よりも多く生えてくる歯のことです。過剰歯により、周囲の歯が圧迫され歯並びが乱されることがあります。また、歯みがきしにくいこともありむし歯の原因にもなります。過剰歯は、多くの場合、抜歯することになります。

術前

術後

矯正
矯正 お子さんのための矯正治療を行います。
» 子どもの矯正治療についてはこちら
床(しょう)矯正
床(しょう)矯正 床装置という専用の装置をお口に入れて、顎が適切な大きさになるよう、ゆっくりと広げる矯正方法です。取り外すことができるので、食事や歯みがきになどにも支障をきたしません。
だ液テスト
だ液から、むし歯菌の数やだ液の殺菌力を調べて、むし歯になりやすいかどうかを判定します。その後のむし歯予防指導に活用します。
ムーシールド

受け口を改善するための治療です。おもに3~6歳のお子さんを対象とし、マウスピースを用いることで顎の成長を利用しながら受け口を治します。ほかに舌圧と口唇圧バランスの改善、舌を高い位置に保つ役割などもあります。

ただし、お子さんが自分で取り外しができるので、お子さんが嫌がると効果が十分でない場合もあります。

妊婦のお口の中はとても注意が必要~マタニティ歯科

妊婦さんのお口の健康は、おなかの赤ちゃんにも影響を及ぼすとても大切なことです。なかでも妊娠中の歯周病は、早産や低体重児出産のリスクを高めるため、注意しなければなりません。レントゲンや麻酔、処方薬にも気をつけなければならないので、「マタニティ歯科」を扱っている歯医者を選ぶことをおすすめします。

守谷市の歯医者「守谷ふれあい歯科」では、妊娠中のお母さんを対象としたマタニティ歯科にも対応しておりますので、気になることがありましたらお気軽にご相談ください。

妊娠中の適切な歯科治療タイミング

妊娠初期(1~4カ月) 切迫流産の危険があります。緊急時以外は、治療は控えたほうがよいでしょう。応急処置のみ対応します。
妊娠中期(5~8カ月) 安定期です。なるべくこの時期に治療しましょう(特別な配慮が必要である場合は除きます)。
妊娠後期(8カ月以降) 陣痛が起きる可能性があります。できれば、産後の治療を検討してください。

妊婦のお口の中は特に注意が必要です

妊娠中は以下のような様々な理由で、お口の中の環境が悪化しやすくなっています。

激しいつわり

歯みがきをすると吐き気をもよおす場合があります。また、少しの量をこまめに何度も食事するようになると、その都度のお口のケアがおろそかになりがちです。むし歯や歯周病のリスクが高まります。

女性ホルモン分泌量の増加

女性ホルモンは歯周病菌の増殖を促す性質を持っています。妊娠中は、女性ホルモンの分泌が増加するため、歯周病のリスクが高まります。

だ液量の減少

妊娠中はだ液の分泌が減ります。だ液による歯の再石灰化が進まず、むし歯のリスクが高くなるほか、歯周病にもなりやすくなります。

免疫力・抵抗力の低下

妊娠中は免疫力・抵抗力が低下し、むし歯菌や歯周病菌の増殖につながります。

  • ページの先頭へ戻る