手軽な矯正「プチ矯正」、矯正歯科のご紹介

手軽な矯正「プチ矯正」をご存知ですか?

守谷市の歯医者「守谷ふれあい歯科」では、大人の方を対象に「プチ矯正」を行っています。
» 子どもの矯正治療についてはこちらをご覧ください。

プチ矯正(MTM=Minor Tooth Movement)とは、前歯のちょっとした凸凹を整えたり、前歯のすきっ歯を治したりするための矯正治療です。本格的な矯正治療は、上下のバランス、歯の大きさと顎の大きさのバランスを整え、噛み合わせを作りながら歯並びを治していくため1~2年の治療期間がかかってしまいます。また、全体にワイヤーがかかるので異物感が強く、痛みを伴うこともあります。

プチ矯正なら、必要なところだけに最小限に装置をつけて治療するので、治療期間は短く(通常3~6カ月)、費用も抑えることができます。前歯だけが矯正の対象なので痛みも少なくて済みます。

「結婚式までに急いで前歯だけ直したい」
「矯正は高くつくので、すぐには難しい」
「奥歯はまったく気になっていないから、本格的に矯正をする気にはなれない」

このように考えている方には、プチ矯正をおすすめいたします。ただし、噛み合わせや歯の状態により、プチ矯正ができない場合もあります。十分なカウンセリングと検査をする必要がありますので、まずはご相談ください。

噛み合わせはとても大切です~矯正治療~

当院では、大人の方への本格的な矯正治療も行っています。「噛み合わせ」を大切にしつつ、患者さんの状況に合わせた治療をご提案いたしますので、お気軽にご相談ください。
» 子どもの矯正治療についてはこちらをご覧ください。

矯正治療のメリット

歯並びや噛み合わせの乱れ(不正咬合)を整えるのが矯正治療。多くの方は見た目の美しさのために治療を行いますが、ほかにも様々なメリットがあるのです。

  • 歯みがきしやすくなることで、むし歯や歯周病が予防できる
  • 消化器官への負担が減る
  • しゃべりづらさが解消され、発音がよくなる
  • 人前で口を開くことに抵抗がなくなり、性格が積極的になる など

歯並びの乱れ(不正咬合)の種類

一口に不正咬合といっても、実は様々な症状があります。下記のような歯並びに心当たりのある方は、一度ご相談ください。

上顎前突(じょうがくぜんとつ)
上顎前突(じょうがくぜんとつ)
いわゆる「出っ歯」です。上の歯が前に突き出ています。呼吸器系に問題が出ることがあります。
下顎前突(かがくぜんとつ)
下顎前突(かがくぜんとつ)
いわゆる「受け口」です。うまく噛むことができず、発音が不明瞭になりがちです。
開咬(かいこう)
開咬(かいこう)
奥歯をかみ合わせているときに、前歯には上下で隙間がある状態。息漏れによる発音障害が起きることもあります。
交叉咬合(こうさこうごう)
交叉咬合(こうさこうごう)
歯が左右にずれています。しっかり噛むことができない。顔面にゆがみが出る、などということが起きます。
上下顎前突(じょうげがくぜんとつ)
上下顎前突(じょうげがくぜんとつ)
前歯が上下とも前に突き出ています。うまく噛めない。唇を噛みやすいなどの問題があります。
叢生(そうせい)
叢生(そうせい)
歯の大きさや並び方が不揃いで凸凹になっています。歯みがきしにくいのでむし歯や歯周病になりやすくなっています。なお、八重歯も叢生のひとつです。
過蓋咬合(かがいこうごう)
過蓋咬合(かがいこうごう)
上の歯が下の歯に覆いかぶさっています。下顎が動きにくくなったり、摩擦により歯が擦り減ったりします。
空隙歯列(くうげきしれつ)
空隙歯列(くうげきしれつ)
いわゆる「すきっ歯」です。歯に物が挟まりやすく、見た目のコンプレックスにもつながりがちです。
  • ページの先頭へ戻る