歯茎から血がでる・腫れている(歯周病)

知っておいて欲しい、歯周病の怖さ

「歯茎から血が出ているけど、別に痛くはないから」と、放置している方はいませんか? それは、歯周病の初期症状かもしれません。歯周病は、初期の段階では自覚症状がほとんどありません。大部分の人は、歯が痛み、グラグラしてきてから歯医者に飛び込みますが、これでは手遅れ。すでに歯を支える顎の骨が溶けてしまっています。最悪の場合、歯が抜け落ちてしまうことも……。

歯周病は、日本人が歯を失う原因の第一位といわれています。そして、実は成人の約8割が感染済み、もしくは予備軍と呼ばれているのです。歯茎が赤く腫れていたり、歯茎から血が出ていたりしたら歯周病かもしれません。早めに歯医者に診てもらいましょう。

【身体全体に影響する歯周病】

歯周病の影響は、歯にとどまりません。歯周病菌が血管内に入ると、糖尿病の症状を悪化させたり、菌が血管を詰まらせると心筋梗塞や脳梗塞など命にかかわる重い病気につながったりするとも言われています。
» 歯周病菌がもたらす全身のトラブル

そのほか、心疾患・血管障害・肺炎・早産、また、メタボリックシンドロームや高血圧などの生活習慣病も歯周病菌が原因になっている可能性があるという報告もあります。歯周病は、現代人にとってたいへん恐ろしい病気なのです。

歯周病の進行段階ごとにみた症状

進行段階 症状

歯肉炎

歯肉炎

歯茎に軽い炎症が見られる段階。歯みがきすると出血がみられることもあります。歯と歯茎の境目の溝(歯周ポケット)の深さは、3mm程度。

軽度歯周炎

軽度歯周炎

顎の骨が溶けはじめた段階。歯茎が腫れ、歯みがき時の出血にとどまらず、冷たい水がしみたり、口臭がきつくなったりします。歯周ポケットの深さは、4mm程度。

中等度歯周炎

中等度歯周炎

顎の骨が半分くらい溶けた段階。歯を指で押すとグラつきます。歯茎の腫れや出血、歯が浮くような感覚、さらにきつい口臭などに悩まされます。歯周ポケットの深さは、6mm程度。

重度歯周炎

重度歯周炎

顎の骨の3分の2以上が溶けた段階。歯のグラつきがひどくなります。歯茎が下がり歯根が露出。歯が長く見えます。歯と歯茎の境目から膿が出ると口臭も悪化。さらに放置すれば、最終的に歯が抜け落ちる事態に至ります。歯周ポケットの深さは、8mm程度と非常に深くなります。

歯周病菌がもたらす全身のトラブル

歯周病菌は、腫れた歯茎から血管内に侵入し、さまざまな全身疾患をもたらします。

糖尿病 血管内に侵入した歯周病菌が、血糖値を下げるホルモン(インスリン)の働きを阻害し、糖尿病の症状を悪化させたり、糖尿病でない人が糖尿病になったりすることもあります。
心筋梗塞
脳梗塞
歯周病菌が血管内で動脈硬化を起こすこともあります。血栓ができると、その場所により心筋梗塞や脳梗塞といった重篤な状態に至ります。
肺炎 誤嚥により歯周病菌が肺に侵入。肺炎を引き起こします。
早産
低体重児出産
歯周病菌は、血流から妊婦の胎盤へも侵入します。早産や低体重児出産のリスクが高まります。

当院の歯周病検査・治療

守谷市の「守谷ふれあい歯科」でも、歯周病の検査、治療に対応しています。特にレーザーを用いた治療は、お身体に負担をかけない最新の治療方法です。手術の痛みなどが心配な方なども、お気軽にご相談ください。

歯周病は自覚症状がほとんどないため、重篤な症状がでるまで気づかない方も多い恐ろしい病気ですが、定期的に歯医者に診てもらうことで歯周病は予防できます。

» 当院の予防歯科について

歯周病検査

歯周ポケット検査

歯周ポケット検査

ものさしのような器具で歯と歯茎の境目の溝(歯周ポケット)の深さを検査します。健康な状態では2mm程度。深くなるほど歯周病が進行しています。
歯の揺度検査 ピンセット状の器具で歯をつまんで動かし、揺れの程度を調べます。揺れが大きいほど、歯周病が進行しています。

レントゲン検査

レントゲン検査

顎の骨をレントゲン撮影します。骨密度を検査し、低いほど歯周病が進行していることがわかります。
歯周病治療
歯周ポケット掻爬(そうは)術

軽度~中等度の歯周炎に対して行います。歯周ポケット内の歯垢や歯石、膿、感染した組織を除去します。局所麻酔を用いますので、痛みはありません。

フラップ手術

フラップ手術

中等度以上の進行した歯周炎に対して行います。局所麻酔の後、歯肉をメスで切り、顎の骨からはがします。歯根を露出させることで、奥深くの歯垢や歯石、感染した組織を取り除くことができるのです。

レーザー治療

レーザー治療

レーザーの光と熱により歯周病菌を減少、死滅させます。レーザーの照射時間はとても短く、痛みはほとんどありません。軽度の歯周病であれば、比較的短期間で治療が完了します。重度の場合でも、歯を抜かずに済むことがあるなど、レーザー治療は患者さんのお身体への負担を軽減させます。

  • ページの先頭へ戻る