歯が痛い・しみる、親知らずが痛む(一般歯科・口腔外科)

  • 一般歯科
  • 口腔外科

むし歯を進行させない~一般歯科~

「歯が痛い!」「歯がしみる!」という場合、それはむし歯かもしれません。むし歯は、初期には自覚症状がないのですが、放っておくと進行して、やがて痛みが出てきます。ごく初期の場合を除いて自然治癒は期待できないため、痛みに気づいたときには大きく進行していることが珍しくありません。

むし歯の直接の原因は、「むし歯菌」。「むし歯菌」が糖分を栄養にして歯を溶かす酸を作り出すのです。食事後、歯みがきまでの時間が長かったり、歯質が弱かったりといった条件がかさなることで、むし歯になりやすい環境が生まれます。

当院の予防歯科について詳しくはこちらをご覧ください。

むし歯の進行段階

進行段階 症状

C0
【ごく初期のむし歯】

C0【ごく初期のむし歯】

まだ痛みのない初期のむし歯。歯が白く濁っています。

C1
【エナメル質のむし歯】

C1【エナメル質のむし歯】

この段階でも痛みはないのですが、歯のもっとも表面にあるエナメル質が溶け出しています。

C2
【象牙質のむし歯】

C2【象牙質のむし歯】

甘いもの、冷たいものを食べると痛みが出る状態です。エナメル質の内側にある象牙質までむし歯は進行しています。

C3
【神経まで達したむし歯】

C3【神経まで達したむし歯】

何もしていなくても、激しい痛みに襲われるようになります。むし歯は神経にまで到達しています。

C4
【歯根まで達したむし歯】

C4【歯根まで達したむし歯】

神経が死んでしまって痛みはなくなります。しかし、膿がたまると再度の激痛を感じるようになります。歯の大部分が溶け、むし歯は歯根に到達しています。

むし歯の基礎知識

一見すると健康そうに見えるお口。でも、実際は、歯の周りでむし歯の進行とそれを阻止するためのせめぎ合いが常に起きているのです。

お口の中には、むし歯菌が潜んでいます。むし歯菌は糖分を摂取して酸を排出し、この酸が歯の重要な成分であるカルシウムやリン酸を溶かしていきます。これを「脱灰(だっかい)」と呼びます。それと同時に、だ液がむし歯菌が出す酸を中和し、カルシウムやリン酸が歯に戻る作用も起こっています。これは「再石灰化(さいせっかいか)」と呼ばれています。お口の中では常に、この二つの現象が繰り返されているのです。

むし歯は、この「脱灰」と「再石灰化」のバランスが崩れ、「脱灰」の割合が多くなることで発生します。つまり、「再石灰化」を促進することが、むし歯予防やむし歯の進行を食い止めるためにはとても大切なのです。

再石灰化を促すには?

再石灰化を促すには?

「再石灰化」を促すためには、常日頃から歯に気を配り、メンテナンスしていくことが必要です。だ液の分泌を促すために、糖分が含まれないキシリトール入りのガムを噛むなど、自宅でできる予防措置もあるのですが、定期的に歯医者に指導してもらうほうが、より効果的です。

守谷市の歯医者「守谷ふれあい歯科」では、むし歯の検査方法として、「だ液検査(オーラルテスター)」採用しています。「だ液検査」により、お口のリスク(むし歯や歯周病のなりやすさ)を判定できますので、むし歯がないという方も、一度「だ液検査」を受けてみてはいかがでしょうか?

歯のメンテナンスとは、歯の健康を維持するために、定期的に皆さんのお口のケアを行い、「再石灰化」を促し、むし歯の発生を予防していくことです。当院では、特にむし歯予防に力を入れています。
» 当院のむし歯予防について

歯垢とバイオフィルム

お口のなかには、数百種類とも言われる多くの細菌が棲み着いています。これらの細菌が集まってつくられるのが「歯垢(プラーク)」や「バイオフィルム」「歯石」です。

歯垢 歯磨きで除去できる細菌の塊
バイオフィルム バリアーによって歯磨きでは除去できない細菌の塊
歯石 歯垢・バイオフィルムが石灰化したもの

歯科用器具

バイオフィルムむし歯や歯周病の原因になるだけでなく、最近では肺炎などの重い病気の原因にもなることが分かっています。
バイオフィルムは、3~4ヶ月で毒性を持つという特徴があります。しかしバイオフィルムは歯磨きでは除去できないこともあるため、年に3~4回は歯科医院に通って専用の器具で徹底的に除去する必要があります。クリーニングをすることでむし歯・歯周病の再発を防ぐことができます。

むし歯になってしまったら

当院では、できるだけ「抜かない、削らない、痛くない」治療を心がけています。そのため、患者さんと治療内容についてできるだけお話をしながら進めることを基本に、歯科用CTなど最新機器の導入、また、「ドックスベストセメント」などの新しい技術の取得を積極的に進めています。

歯の神経を守る虫歯治療~重度の虫歯に~

通常、神経まで侵された重度の虫歯の場合、神経や血管を除去する治療(根管治療)が必要です。しかし、神経や血管を除去した歯は栄養が行き届かないため脆くなり、また歯の感覚がなくなるので虫歯が再発しても気付きにくくなります。

【神経を除去した歯の欠点】
1. 歯の弾力、しなりがなくなるため、折れる確率が上がる
2. 根の先に膿がたまる病気になることがある
→つまり、歯の寿命が短くなりやすい!

当院では、神経を抜かずに重度の虫歯を治療するために、ドックスベストセメントを使用しています。

ドックスベストセメントとは

ドックスベストセメントは、虫歯を無菌化しミネラルで自然治癒させることを目的としたセメントです。虫歯になったところを削り取るのではなく、患部にこのセメントを詰めることで治療できます。通常の虫歯治療では虫歯を完全に除去するのが鉄則ですが、ドックスベストセメントは虫歯を残したまま歯を治療可能。たとえ神経の近くまで到達した虫歯でも、神経を抜くことのない虫歯治療ができるのです。

メリット デメリット
・歯の神経を守ることができるので、寿命がのびる
・柔らかくなった歯を再び硬く丈夫にできる
・天然のミネラル成分が含まれているので、安全
・殺菌力が持続するので、虫歯の再発を防ぎやすい
・麻酔をしなくていい
・保険がきかず自費治療となる
・まれに痛みが生じて神経を除去しなければならない場合がある
痛みがある歯には適応できない
通常の治療の流れとの比較
【通常の治療の流れ】 【ドックスベストセメントの治療の流れ】
神経に近い虫歯が見つかる 神経に近い虫歯が見つかる

虫歯を完全に除去すると
神経が露出してしまうため、神経を除去する
麻酔なしで軽く虫歯を除去する

もともと神経があった部分に
大きな穴が開くため、歯を補強する
ドックスベストセメントを詰める

金属でかぶせものをして、治療完了 セメントの上に詰め物をしたら、
あとは待って自然治癒を待つ
通常の治療との違い
  通常の治療(根管治療) ドックスベストセメントを使った治療
費用 保険適用
(3割負担で約8,000円)
自費治療
(7,000円)
麻酔 必要 不要
治療回数 5~8回 1~3回
神経 取る 取らない
虫歯 全部取る 全部取らなくてもよい
治療後の痛み 生じやすい 生じにくい
破折・再発の可能性 あり 少ない
        

※価格は税抜です。

むし歯が再発してしまう人へ

歯痛の若い女性

むし歯が再発してしまう原因は、痛みが出てからその場所だけを治療していること。原因が取り除けていないため、再発してしまったり、別の箇所が悪くなってしまったりするのです。

むし歯の悪循環

むし歯の悪循環

予防中心コースで歯を守ります!

予防中心コースで歯を守ります!

当院では、むし歯ゼロを目標に治療を進めています。一切削ることなく予防だけを続けた歯なら、いつまでも健康なまま保つことができます。健全な歯をいつまでも保つコツは、健全なままの状態で予防処置を続けることなのです。
» 当院のむし歯予防について

知覚過敏について

歯に違和感を感じる中年男性

「歯がしみる!」という場合、むし歯以外に知覚過敏の可能性もあります。知覚過敏は、過度な歯みがきや歯ぎしり、強い噛みしめなどが原因で、歯の表面のエナメル質が薄くなると発生します。エナメル層の下の象牙質が露出し、刺激が神経に伝わりやすくなるからです。

知覚過敏はむし歯につながる可能性もあります。歯医者に早めに診てもらうことをおすすめします。

「親知らず」の処置~口腔外科~

「親知らず」は、上顎と下顎のもっとも奥にある第三臼歯のことです。10代後半~30代にかけて、永久歯が生えた後、最後に出てくる歯です。

「親知らずは、抜いておいたほうがいい」というようなことを耳にすることがあります。親知らずは横向きに生えてきたり、一部しか顔を出さなかったりして、ほかの歯を圧迫し、痛みや歯並びの乱れを引き起こすことがあるからです。また、親知らずが歯みがきの邪魔をしてむし歯を引き起こしやすくなることもあります。

ですが、親知らずだからといってすべて抜いてしまえばいい、というわけではありません。健康な状態で生えてくる親知らずは、しっかり歯みがきしていれば、それ自体有用な歯の一つ。さらに、将来欠けてしまった歯のかわりに移植することも可能なのです。

親知らずを抜く必要がある場合

どうしても抜歯が必要な場合、口腔外科の処置が必要になります。当院では、最新の知識と技術で、患者さんに合った口腔外科治療を行っています。抜歯が行われた後は、順調に回復を促すために以下のことにお気をつけください。

  • 抜歯後の歯茎は気になるかもしれませんが、舌や指で触れないようにしましょう。
  • 抜歯当日は、飲酒、激しい運動、長時間の入浴は控えましょう。
  • 麻酔が効いている間は、お口の中や唇を噛んでしまわないよう気をつけましょう。
  • 痛み止めや抗生剤は医師の指示のもとに服用してください。

様々な口腔外科治療

当院では、親知らずの治療のほか、以下のような様々な口腔外科治療に対応しております。お口の中に痛みや違和感がありましたら、まずはご相談ください。

口腔内のできもの治療

口内炎が繰り返し起こるなど、お口の中にトラブルはありませんか? 口内炎と思っていたものが、ほかの病気である可能性もあります。気になる方は早めの検診をおすすめします。

口腔粘膜疾患治療

「口の中がよく乾く」ということはありませんか? 口腔乾燥症(ドライマウス)のほか、ヘルペス、帯状疱疹、口腔ガンジダ症など、口腔粘膜疾患と呼ばれるものには様々なものがあり、専門の医師による治療を必要とする場合も多いので、ご相談ください。

顎、口腔内の外傷、炎症治療

当院では、傷、炎症に対して「レーザー治療」を施すことができます。レーザーには、痛みをとる、傷、炎症を早く治す、免疫機能を高める、などの効果がありますので、患者さんの症状を見ながらおすすめしております。

歯牙移植、再植

「奥歯が抜けてしまった!」という場合、「親知らず」を抜けた奥歯に移植するという治療が可能です。これを歯牙移植といいます。また、歯の状況によっては、一度抜歯して歯を治療し、抜いた穴を掃除して元に戻す「再植」が必要なこともあります。当院では、歯牙移植、再植にも対応しています。

  • ページの先頭へ戻る