今の治療に不満・不安のある方へ(セカンドオピニオン)

治療は納得して進めることが大切です

「セカンドオピニオン」という言葉を聞いたことがありますか? 歯科医療のみならず、医療全般で近年用いられるようになった言葉です。

たとえ同じ症状でも歯医者によって“診立て”が違う、ということはありえます。医療技術が進歩している現在、治療にも様々な選択肢があるからです。また、歯医者によって使える診療機器や技術に差もあります。そこで、よりよい治療を受けるためにおすすめするのが、複数の歯医者に意見を聞いてみること。それが「セカンドオピニオン」です。

大切な時間やお金を使って歯科治療を受けるにあたり大切なのは、患者さん自身が納得している、ということです。「ほかの歯医者ではもっと治療費が安いかもしれない」「治療の進め方が不安だ」などと思ったら、主治医とは別の歯医者に「セカンドオピニオン」をお願いしてみましょう。

守谷市の歯医者「守谷ふれあい歯科」でも、ご要望に応じてセカンドオピニオンを承っています。患者さんとのコミュニケーションを大切にし、たとえ小さなお悩みや疑問であってもたずねやすいような信頼関係を築くよう心がけております。どうぞご遠慮なくお伺いください。

セカンドオピニオンを依頼する前に

ほかの歯医者でセカンドオピニオンを求める前に、まずは主治医の説明をきちんと理解することが必要です。わからないことがあれば主治医にたずねてみてください。良心的な歯医者であれば、面倒くさがらずに丁寧に説明してくれるはずです。

そして、主治医にセカンドオピニオンを求めることを話して、これまでの経過や主治医の診断が書かれた「紹介状」をもらってください。多くの歯医者はセカンドオピニオンの趣旨を知っているはずですので快く出してくれるでしょう。できれば、患者さんご自身も、病気のことについて調べるなどして知識を深めておいたほうがよいでしょう。

  • ページの先頭へ戻る