守谷ふれあい歯科の5つの特徴

患者さん本位の治療を――当院の5つの特徴

守谷市の歯医者「守谷ふれあい歯科」では、患者さんを中心とした安全で安心できる歯科治療をご提供するために、常に研鑽を続けております。こちらでは、患者さん本位の治療を行うための、当院の5つの特徴をご紹介します。

特徴1.カウンセリングを重視します

当院では、患者さんのお話をよく伺うことを大切にしています。たとえば、「むし歯はないと思うのですが、ちょっと診てもらいたくて」と来院された方に対して、いきなり診療台で口を覗き込み「歯石があるようなので取りますね」と治療をはじめるのではなく、まずは原因をしっかりとご理解いただくために、全ての患者さんとじっくりお話をすることからはじめます。

じっくり時間をかけてむし歯予防に取り組みたいのか、翌週から海外赴任が決まっているので、念のためチェックしたいのか……人により治療に対するご希望は異なります。ご希望をうかがったうえで当院の診療システムをご説明して、個別の事情に合わせて検査などをしていくため、すべての基本がこのカウンセリングにあると考えています。

医者というものは、ともすれば絶対的な存在と思わせてしまいがちですが、当院では、医師が主体となって柔らかい雰囲気を作ることを心がけています。治療がはじまった後も、患者さんが何か疑問に思ったり、不安を感じたりしたときに、すぐに相談できる関係を作ることを大切にしています。

特徴2.できるだけ「痛くない・削らない・抜かない」治療をします

最先端の歯科医療においては、患者さんのお身体にできる限り負担をかけないということが重視されています。当院でも、できるだけ「痛くない、削らない、抜かない」治療を心がけています。

たとえば、より安全性を高めて痛みのない治療を実現するために、当院では歯科用レーザーの設備を整えています。この医療機器は歯周病の治療などに用いられますが、ほんのわずかの時間で痛みを伴わない処置が可能です。また、完全に失われてしまった歯を補うために、ブリッジで健全な歯まで削ってしまうよりも、可能な限りインプラント治療を施すことをおすすめします。

特徴3.治療期間中も患者さんに不便をかけないように心がけます

治療期間中、症状によっては仮歯をつけなければならない期間があります。この仮歯がとれてしまうと患者さんは食事や会話の際に不具合が出てしまうため、大変困ります。

当院では、たとえ仮歯であっても、決して手を抜かず、取れないようにしっかりと治療いたします。そのため、「取れた!」と来院する患者さんはいらっしゃいません。また、治療期間中は、できるだけ「歯がない」ということがないように治療を進めています。

特徴4.最新の医療機器で高度かつ専門的な診察が可能です

当院では、3次元的なX線装置「歯科用CT」や、痛みを抑えて治療できる装置「歯科用レーザー」などを導入しており、高度かつ専門的な治療が可能です。また、最新の医療機器を揃えているのみならず、医師、スタッフも日々研鑽を重ねて、日進月歩の歯科医療技術を研究し、自らの技術向上を心がけています。

特徴5.予防に力を入れています

「むし歯をゼロに近づけたい」――これが私たちの希望です。しかし「治療」だけでは、目指すところに到達できません。「予防」をしていくことが必要なのです。ご家庭や職場で歯のケアをすることはとても重要ですが、ご自分ではケアしきれない部分がどうしてもあり、むし歯の原因になってしまうことがあります。当院では、むし歯予防のために定期的に歯の診断にお越しいただきたいと考えています。

  • 6歳でむし歯ゼロ90%以上を実現する
  • 12歳でむし歯ゼロ90%以上を実現する
  • 20歳でむし歯ゼロ90%以上、歯周病のない状態を実現する
  • 70歳時の平均欠損歯数を5歯以下にする
  • 治療後の方はこれ以上、むし歯をつくらない、歯を失わない
  • ページの先頭へ戻る